髪の毛のいたみ

年々髪の毛が痛んできました。大学入学したころからカラーリングを続け、時にはパーマをかけ、紫外線を浴びてきたことが原因かもしれません。

10代の頃は特に髪の傷みは気にならず、ヘアカラーもドラッグストアで売っている市販の安いものを使用していました。トリートメントもあまりせず、好き放題伸ばしていました。

するとだんだん染めた毛先が黄色く色がぬけてきたり、枝毛や切れ毛の量が明らかに増えてきました。

髪の毛もシャンプー直後でもさらさらとした感覚があまりなく、きしんで髪の毛全体がまとまらないような状態でした。

今でもカラーリングはしていますが、カラーするにも原料にこだわり、オーガニックや保護成分のはいった髪にあまりダメージの少ないものを選ぶようにしました。

シャンプーやコンディショナーにこだわりはあまりないですが、トリートメントはしっかりおこない、栄養成分を髪の毛に浸透させるようにするようにしています。

そのおかげで今までよりは手触りもよく、比較的ましな髪の毛に戻ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です