発毛と育毛の違いを学ぼうと思います

20代のうちならば、特にまだ育毛ケアについて考える必要はないだろう…と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、将来はどうなってしまうのかなんて誰にも分からないわけですから、少しずつケアをしていくというのも良いのかも知れません。

お風呂に入った後に育毛剤をスプレーして、その後頭皮マッサージをするだけでも、頭皮の環境というのはかなり変わってくるものです。

もちろん予防のために使用するのであれば、強い効果を持つ育毛剤や発毛剤などを用いる必要はありませんから、頭皮を清潔に保ち血行を促進したりして頭皮の環境を整えてくれるようなものを選ぶのが良いでしょう。

でも、20代のように若い世代で育毛剤をドラッグストアにて購入するとなるとちょっと恥ずかしく思ってためらってしまうという方もいるでしょう。

そういった場合には、インターネット通販で注文すれば自宅に届けてくれますし誰にも知られることなく育毛剤を入手することが出来ます。

育毛ケアに関して知り合いの理容師さんに教えてもらったことがあります。

それは、髪の毛のためにはあんまり洗わない事だそうです。

普通はきれいにすることによって髪の毛が生えてきやすい環境を作り出すと思っていたのですが、実はそれはよくなかったそうです。

できれば、流行っているようなシャンプーは使わずにお湯で(熱すぎるお湯も良くない)ゆっくりゴミを落とすくらいに流しながら洗えばいいとの事。決してゴシゴシ洗う必要はないとの事でした。

シャンプーを毎回多用すると必要な頭皮の油まで流してしまい、カサカサな状態になってしまうのでかえって髪の毛の育つための地肌という環境を壊してしまうからよくないとのこと。

リンスやコンディショナーも地肌に刷り込むほどつける人がいるけどそれは意味をなさないとの話でした。リンスやコンディショナーの使い過ぎで頭皮がベトベトな状態の人もいるそうです。

そういう事もあって理容室や美容室では最初に髪の毛を洗いましょうという流れになるのだそうです。
人によって最初に髪の毛を洗う人と洗わない人がいるのはそういう事があるとの事。

実際数日開けながら髪の毛を洗ってみても、毎日洗わなければ臭いという事もなく済んでいます。世の中の常識でゴシゴシ洗えば髪の毛のためになるということは間違った常識みたいです。

育毛・発毛を促すとされるシャンプー類もたくさんあります。それを使用し、シャンプーするのはいいですが、使用方法をしっかり把握することも重要になります。ただ使えば……というものでもなく、正しく使うことも大切なので、しっかり使用法を確認しましょう。
参考:今まで行ってきた育毛習慣を改めて新たな発毛法に取り組もう|若ハゲ進行阻止ガイド

発毛だとか育毛だとかにすごく興味があるのですが、実際に何をしたらいいのかはよくわかっていません。
髪の毛が気になる年齢になったので、発毛や育毛のことをもっと知っていきたいです。

効果のあると言っている人がいたり、あまり意味が無いと言ったりしている人もいます。
何もやらないよりはいいかなと私は思うので、髪の毛のために出来ることをやってみたいです。

まずは発毛と育毛の違いを知ることから始めていきたいです。どんな違いがあるのかわかっていないですし、自分に合った方を試してみたいです。

どちらにもデメリットメリットがあると思うので、適当にやるのではなくてちゃんと情報を得たいです。

ヘアケアをすることの大切さを感じる年齢です。髪の毛を守れる方法はたくさんあるみたいですし、知識が無くて何も出来ないということは避けたいです。

発毛でも育毛でもいいところを取り入れて髪の毛を守れるといいです。薄毛にならないように色々と学んでいきたいです。

髪の毛は必ず遺伝しますか?

うちの父親は剥げてきています。20代後半から徐々に薄くなってきたそうです。そのためか現在三十代後半になってからか特に髪の毛が気になります。仕事じょう常に帽子を使用しているので余計髪の毛が潰され毛が少なくなってみえます。今現在まずは髪に余計な負担をかけないように気をつけています。
髪の毛を染めたりしないようにまたシャンプーやリンスも髪に優しいものや油よごれを落としてさっぱりするものなど色々試しています。後髪に分け目などできるとそこから余計薄くなってくる、感じがするので髪を短くし清潔にするようにしています父親はアロエなど色々なものに効くもで独自に育毛剤?

みたいなものを作り、毎日頭に吹きかけています。

本人は髪の芯が太くなってきたような事を話しています。

うちは父親が剥げていますが父方の祖父もさらに剥げておりまた母方の祖父も剥げています。育毛、発毛、ヘアケアをどんなにするよりも、代々受け継がれてきたハゲの呪いの方が強い気がします。

髪の毛のいたみ

年々髪の毛が痛んできました。大学入学したころからカラーリングを続け、時にはパーマをかけ、紫外線を浴びてきたことが原因かもしれません。

10代の頃は特に髪の傷みは気にならず、ヘアカラーもドラッグストアで売っている市販の安いものを使用していました。トリートメントもあまりせず、好き放題伸ばしていました。

するとだんだん染めた毛先が黄色く色がぬけてきたり、枝毛や切れ毛の量が明らかに増えてきました。

髪の毛もシャンプー直後でもさらさらとした感覚があまりなく、きしんで髪の毛全体がまとまらないような状態でした。

今でもカラーリングはしていますが、カラーするにも原料にこだわり、オーガニックや保護成分のはいった髪にあまりダメージの少ないものを選ぶようにしました。

シャンプーやコンディショナーにこだわりはあまりないですが、トリートメントはしっかりおこない、栄養成分を髪の毛に浸透させるようにするようにしています。

そのおかげで今までよりは手触りもよく、比較的ましな髪の毛に戻ってきました。

シャンプーのかけ方。

最近気になるのは薄毛について…
実は他人事だと思っていたのですが私も30を超えたあたりから薄毛について悩んでいます。

そこで最近は薄毛対策を始めてみました。

まず取り掛かったのはシャンプーのつけ方を見直してみることです。
シャンプーのかけ方を間違えたつけ方でしてしまうと頭皮を傷めてしまうんですよね。頭皮は非常に薄い皮で出来ているので、ちょっとしたことで傷んでしまいます。

そうすると薄毛に拍車をかけてしまうことにも…!

シャンプーの正しい9つけ方は、まずシャンプーの液を手に取ってからそのまま頭皮につけて泡立てるのではなく、液を手にとってから手の中で泡立ててその泡を頭皮につける。

そうすることで頭皮にダメージを与えずに洗えるんだそうです。ゴシゴシと洗わずにキメ細かい泡で優しく洗ってあげるのがポイントです。

髪の毛を乾かす時もタオルでゴシゴシと拭いていたこともあったのですが今はドライヤーで少しずつ乾かすようになりました。

ちょっとした心掛けから始めていこうと思います。

気軽に育毛ケアを始めました

父親が「禿げている」こともあり、「禿げること」に対しては人一倍恐怖感があります。

若い頃から、頭皮マッサージをしたり、髪や頭皮に負担をかけるようなパーマやカラーリングは避けてきましたが、加齢とともに薄毛になってきました。

遺伝的な要素があるので、早めのケアが大切と思い育毛サプリメントを飲むことにしました。
育毛サプリメントで薄毛を改善しようとした理由は、食後に飲むだけのお手軽さと、身体の内側から栄養素をとることが大切だと感じていたからです。

育毛剤などの利用はあくまで髪や頭皮の表面をよくするものなので、一時的な効果は期待でき手の根本的な解決にはならないと感じていました。

飲んでいるサプリメントには、ノコギリヤシや亜鉛、アルギニン、カプサイシンなどです。

これらの成分を日々の食事から摂取するのは難しいので、一粒の中に様々な栄養成分が配合されているサプリメントの存在はありがたいです。

まだ飲んで一か月ほどですが、抜け毛は少しずつ減ってきているので効果はあると感じています。